9月
21

Apple Watch Series 2を開封して初代Apple Watchから引き継いで設定したよ

9月 21, 2016in Apple WatchTag:

iPhone 7 Plusと同じ日に予約したApple Watch Series 2が昨日届きました。
発送は海外からでした。
本当はパスしようと思っていたApple Watch Series 2ですが、今回買い換えようとした決め手は何と言っても内蔵GPSが搭載されたのと耐水性能ということでしたので。

開封しました

段ボール箱を開けると、中からAppleロゴが美しい真っ白な箱がお出まし。
梱包パッキン自体はあっさりw

ふたを開けると封筒状のものがあります。

その下に待望のApple Watch Series 2
今回も42mmのシルバーアルミニウムケースをチョイスしましたが、スポーツバンドはホワイトです。

Apple Watchを取り出すと下には磁気充電ケーブルとアダプタが入っています。

細長い封筒状の中には、簡単な説明書とS-Mバンドが入っていました。

シールは外してないですが、本体を取り出してみました。

裏側の心拍センサー

ケーブルは今回から短くなったようで、今までの場所では使いにくい(汗)

白いバンドは実に美しいです。
とりあえず、元のレッドに付け替えました(笑)

Apple Watchのペアリングを解除

アプリから今まで使っていたApple Watchの解除作業をしなくてはいけません。
私はiTunesでiPhoneと繋ぎ暗号化にチェックを入れバックアップを取りました。
Watchアプリから解除します。

ペアリングを解除します。

解除が始まりました。

ペアリングを開始と出ますが、新しいApple Watchを充電台に乗せ電源を入れてからにします。

電源ボタンを押してしばらく待たなくてはいけません。
起動したらまず言語を設定します。

日本語を選んでチェック

次に地域を選択します。

アプリでペアリングの開始とApple Watchのペアリングも開始します。
途中の手順の画像は撮っていなかったのですが、指示通りに進めれば完了します。

ペアリング中

ペアリングが完了したら、私の場合はバックアップから復元を選びました。
これまでしてきたアクティビティやワークアウトの記録をそのまま引き続げるので。

一番新しいバックアップを選択します。

利用規約に同意します。

アクティベーションロックの有効

診断を自動送信するかしないか

共有される設定

Apple Watchのパスコードの設定

緊急SOSの説明

Apple Watchと同期中

同期していますが、時間がかかります。
前のより少し早くできたようですが。

元通りの画面になりました。
新しい文字盤もこの後追加しました。

画像が多くて順序が怪しい(汗)
ともかく動きが早くなったようで快適!
新しいApple Watchの名前はアプリから変更しておきました。
ややこしくなりますし。
長くなったので、次回に続きます。

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.