2月
14

Apple WatchとGarmin fenix 3Jで心拍数を計ってみたよ

最近、ブログを書けていませんが、
ウォーキングは楽しく続けております。
その為のガジェット(ウォッチ等)にハマっています(笑)
今日は心拍数に付いてそれぞれに違う数値が表示されるので、それに付いてちょっとご紹介します。

ヘルスケアからアプリを許可

iPhoneのヘルスケアアプリを起動して、ソースを選びます。
各種のアプリやデバイスの許可をしておきました。

Runtastic Pro以前からiPhoneで使っています。
でもいつ見ても心拍数が表示されないので、なんでかなと思っていた所、
こちらの方法でApple Watchから起動して心拍の項目を表示すると、やっとアプリに表示されるようになりました。

  • ワークアウトアプリ『Runtastic』でランニング生活を開始 | 代助のブログ
  • Garmin Connectアプリの許可

    この他画像はないのですが、iPhoneとApple Watchデバイスの許可もしています。

    Garmin Fenix 3Jの心拍数

    今持っている心拍数が計れるのは、Apple Watchの他に活動量計のGarminの「VIVOSMART HR J」です。

  • [Garmin]vivosmart HR Jが届いたので開封したよ | iPhoneとマヨテキメモ
  • ただランニングには対応しているもののメニューとしてウォーキングはない模様?(できるの?)
    そこで、VIVOSMART HR Jから転送モードにしてGarminFenix 3Jに心拍数を送り、ウォーキング時の心拍数を計ってみました。

    地図

    Connectアプリから心拍数のグラフ見てみます。

    タイムゾーン

    この時は諸事情により結構だらだらと歩いていましたw

    Runtasticアプリ

    いつもはiPhoneから起動して使っていましたが、Apple Watchで起動しました。

    ウォーキングです。

    心拍数を表示してみた。

    結果をiPhoneのアプリで見てみました。
    やっと心拍数が表示されました!

    地図の表示

    心拍がこの様にわかりました。

    iPhoneのワークアウトからも見れました。

    ヘルスケア

    iPhoneのヘルスケアアプリのダッシュボードに心拍数を表示させます。

    その日と1週間とかしか見れないのかと思ったら、
    後からでもカレンダーで見ることができました。

    あとがき

    Vivosmart購入後は、左手首にfenix、右手首にApple WatchとVivosmartと変なオバさん状態ですw
    あまり当てにはしていませんが、参考程度に見るのも楽しいです。
    比較してみるとそれぞれの数値は多少なりとも違います。
    心拍数で言えば、この時はRuntastic は平均が107bpm、最大が137bpmです。
    Garminでは、平均100bpm、最大125bpmとなっていました。
    ステップ数や平均速度、心拍数、距離、などなど(同時にスタートボタンを押せない誤差やGPSを拾うまでスタートボタンを押せない事もありますけど)
    デバイスによって開発の違いが出てくるんでしょう。内容は秘密になっているようです?
    で、これからもその方面のネタが続くと思います(笑)
    では、では!

    Garmin Connect™ Mobile – Garmin

    Garmin Connect™ Mobile ➤ Google Play ストア

    Runtastic PRO GPS ランニング&ウォーキング運動記録とマラソン完走トレーニングプラン – runtastic

    Runtastic PRO GPS ランニング&ウォーキング ➤ Google Play ストア

    今日無料でゲットした指をカメラレンズに当てて心拍数が計れるアプリ
    いつまで無料かは分かりません。

    Runtastic Heart Rate PRO 心拍計で健康管理 – runtastic

    Posted from PressSync Pro on iPhone.

    【こちらの関連記事もご覧ください】


    記事をお読み頂き、ありがとうございます!

    記事の内容を気に入って頂けましたか?
    もし気に入って頂けましたら、
    ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


    follow us in feedly RSS

    Leave a Reply

    • (will not be published)

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.