2月
14

Garmin Fenix 3Jのアプリケーションを色々と入れてみたよ

2月 14, 2016in GarminTag: ,


Flickr アイキャッチ by mayo1950

毎日寝るときもデカイGarmin Fenix 3Jを付けたままです。
睡眠のログを取るためですが、もう慣れますた(笑)

充電は結構持つので、MacのGarmin Expressから同期したりデータを見る時にしています。(もちろんiPhoneのアプリからできますが)
実に楽チン!
そんなFenix 3Jですが、iPhoneアプリのほか?にアプリからアプリ、ウィジェットなどをインストールできるのです。
私の言ってる意味わからないかと思いますが、ここでそれを説明してみようかと。

Garmin Connect™ Mobile
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, スポーツ

Garmin Connect™ Mobile

いつも拝見しているこちらのランナーさんのサイトでわかりやすく詳しく説明されています。

  • Garmin Forerunner 235 浅いレビュー(6) connect IQアプリについて | Beach Resort Photoclip
  • Connect IQ™️ストア

    まずは、アプリのこのストアから入ります。
    上の紹介したサイトにもありますように、アプリには4種類あります。
    アプリケーション、ウォッチフェイス、データフィールド、ウィジェットです。
    はじめは?となりましたw
    ほとんど無料のもので賄えます。
    まだ有料のはみたことないので。

    色々有るので迷いますが、星が頼り。
    わからないなりに英語の評価レビューを見たりもして(汗)

    ウォッチフェイスは今の所、「ActiFace」が気に入っています。

    現在インストールしたアプリなど

    はじめから入っているものが大方ですが、自分で好みのアプリも入れました。
    中でも地図を簡単に作成して表示できる「dwMap」がお気に入りです。

    ウィジェットに関してもはじめから入っています。
    私は、「Battery Gauge」、「Heart rate chart(widget)」追加で入れました。

    データフィールドでは、「Heart Rate and Time in Zone」をワケワカメで入れてみましたw

    さっきウィジェットでもありましたが、アプリケーションがあったのでこちらも入れました。

    心拍数を手持ちの「Vivosmart HR J」から転送

    これも少し迷ったので画像を貼っておきます。

    デバイスのボタンを押して、設定を出します。

    次に心拍を表示して、画面をタップします。

    スライドして心拍の転送モードでオンにします。

    心拍数が表示されると、後は他の動作はできません。

    なんでわざわさこんな事をするのかと言えば、Fenix 3Jでは心拍数が計れないからです。
    海外版には既にFenix 3 HRというのが発売されています。
    ですが、日本語の表記がおかしくなるようなので…
    早く出ないかなー。

    Garmin Fenix 3Jでペアリング

    設定を左中央のupボタン長押しで出して、

    アプリケーションの下の方にあるセンサーを選びます。
    右のスタートボタンが決定ボタンです。

    センサー

    センサー選択ですべて検索を押します。

    しばらくすると、相棒のデバイスが見つかりペアリングします。
    (ここでは失敗してるけどw)

    これで、心拍を受け取り表示させる事ができます。

    Herat Rate

    アプリケーションではこのようになります。

    ウィジェットです。
    ごめんなさい、もうこれは要らないかも。

    データフィールドの追加「Heart Rate and Time in Zone」

    はっきり言ってよくわかりません(汗)
    設定から

    アプリケーション

    ウォークを選びました。

    トレーニングページに進みます。

    データ項目1とあります。

    3分割の1番目に距離が

    データ項目の分割数をいじっている間に勝手に追加された。

    データ項目は10までありますが、そんなには必要ないのでw
    このあと、ハイキングや登山にもデータ項目の追加をしておきました。

    あとがき

    知らない世界のデバイスを触る楽しみで今はわくわくしています。
    初めて触ったiPhone3Gの時みたいな。
    これで走ったりできたら言うことなしなんだけどな(笑)

    Posted from PressSync Pro on iPhone.

    【こちらの関連記事もご覧ください】


    記事をお読み頂き、ありがとうございます!

    記事の内容を気に入って頂けましたか?
    もし気に入って頂けましたら、
    ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


    follow us in feedly RSS

    4件のコメント to “Garmin Fenix 3Jのアプリケーションを色々と入れてみたよ”

    1. みかん

      マヨテキさま
      ぐーぐるでここに来ました。アプリにはタイドグラフってありますか??大潮とか潮汐がわかるやつです。
      今、この地域だとどれぐらい、満潮、干潮とかが表示されるアプリです。カシオのにはあるようなのですが、ConnectIQ見ても無さそうで、デフォルトのアプリで入っていないかなぁと思いまして。

      返信
      • mayo1950

        コメントありがとうございます。
        お問い合わせのtide graphについてデフォルトではないので、connectストアで調べてみたところ、
        データ版ですが、あるにはありました。ダウンロードしてみたのですが、GPSで潮汐データの読み込みに失敗しましたとでます。
        アプリはこちらのものです。日本はダメなのかわかりません。Tides(beta)
        お役に立てなくてすみません(・_・;
        Pro Trekもかっこいいですね。
        分からなかったのでこちらのサポートページを見てみました。PRO TREK/SEA-PATHFINDER Q&A 潮汐機能

        返信
        • みかん

          情報ありがとうございます!!そうです、そのベータ版のようなイメージです。うまく起動しないんですかぁ、残念です。元々はプロトレの2500のセンサーが新しくなるバージョンを待っているのですが、一向に出ずで。またプロトレの潮汐はGショックなどの潮周りと今潮が上げているのか下げているのかぐらいな感覚しかわからないので、何センチとか水位自体が表示されるアプリが欲しいなぁと思っています。このベータ版が改良されるのを祈ります。

          返信
          • mayo1950

            みかんさん、
            私の環境が山の中でして、海岸沿いまでは車で1時間あまりかかります。現在地で拾おうと思っても無理だったのかもしれません(・_・;
            なので捕捉できなかったのかもしれません。。
            念のためiPhoneのアプリを適当なものを入れてみたのですが、海岸近くの場所を表示させて追加すると各項目を色々と見れました。
            みかんさんは釣りをされるのでしょうか。
            私は全然なので詳しく説明できなくてすみません。

            返信

    Leave a Reply

    • (will not be published)

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.