10月
18

Magic Keyboard とMagic Trackpad 2を開封

10月 18, 2015in AppleTag: ,

wireless keyboardは2つ持っています。
しかし、何年も前に買った充電式の電池(AppleBatteryCharger)がすぐに切れるので取り換えが結構頻繁に起こり、
しかもはじめから不具合があったのか、ランプを確認するとパカパカとなっている事が多く、いらいらしてました。

新しく出たMagic Keyboard は、LightningポートにUSBケーブルを繋いで2時間で充電でき、Bluetooth接続して一カ月?位持つらしいです。もうこれは買わねば・・・

Apple Storeのオンラインで注文しました。
翌日には届きました。
が、すぐに開封してMagic Trackpadの横に並べると、どうにも高低差がぎくしゃくして気になり出しました。

お高くて買わないつもりでいたのに、結局は白雪姫のようにリンゴMagicにかけられました(汗)
美しいものは何よりもいいのです!
何事も形から入るたちです(笑)
という訳で、Magic Trackpad 2を直ぐにポチッとしていました。アイタタ…
ポン!今日届きましたわ。

Magic Keyboard 開封

カッターでフィルムを綺麗に切り、
内箱をスライドさせて出します
私の流儀では、大体フィルムはバリバリ取らずにそのまま箱に付けてありますw
だからお店の人には開けて欲しくないのです。

半透明のフィルムも丁寧に外し、Keyboardを取り出すと、Lightningケーブルと説明書。

上が今までのwireless keyboard、下が新しいMagic Keyboard です。
微妙に大きさが違います。

傾斜角度が違うので高さが大分低くなりますね。

横に並べてみるとこれまた釣り合いが取れない気がします。

Keyboardの真ん中辺りにLightningケーブルを差して、Macと充電します。
端には電源オンオフの切替えのスライドボタンがあります。

Macと接続すると、直ぐにBluetoothにペアリングできます。
かんたん!

電池残量は、システム設定からも見れますが、メニューバーのBluetoothのKeyboardを見れば一目瞭然です。

デバイスの名前は変更できます。

まだ使い込んでいないのですが、打ちやすそう(笑)

Magic Trackpad 2開封

こちらも美しい箱です。

フィルムはカッターで。
箱をスライドして取り出します。

これまでのと違い、マットなホワイトです。
中にはLightningケーブルと説明書。

裏面には中央にリンゴマーク。
四隅には滑り止めのゴム?

今までのと比べるとこんなにも違います。
場所取りですw

傾斜角度も。

新しいMagic Keyboard と並べたら、ピッタリ美しい!

Magic Trackpad 2にLightningケーブルを差して充電。
始めから99パーセントの残量でした。

感圧タッチテクノロジーとやら、
ぐっと押し込む動作は便利ですね!

あとがき

この新しい機器を使うのには、OS X El Capitanにしなくてはいけないのです。
Keyboardが到着してから、慌ててインストールしました。
でも、再起動後にトラブりました。
リンゴマークが途中から止まっちゃいました。
何時間か放置してみたり、電源を抜いたり再起動かけたり、色々と試しました。
結局、セーフブートからの起動で無事にアップデートできました。

Posted from PressSync Pro on iPhone.

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.