5月
28

[Apple Watch]ミスマッチかと思っていたアルミニウムケースにレザーループバンドがピッタリだったよ

5月 28, 2015in Apple WatchTag:

Apple Watchが発売されてから既に1ヶ月が経ちましたが、毎晩充電する事にはなんら抵抗もありません。
なんやかや充電慣れしてますしw

着けることによって時計の役目も果たしつつ、ちょっと変化した事もありました。
通知は個々の設定で煩わしいとも思っていませんし、かえって便利になりました。
だって、今までみたいに家の中でiPhoneをジーンズの尻ポケットに入れて持ち歩かなくてもいいんです。
電話がかかって来た時に昼寝していても、ダンナさんからの電話にもすぐに出られます(笑)
子供からのメールにも直ぐに返信できます。

Apple Watchのワークアウトは普段のダラダラした生活を少し活性化しています。
アプリとどこが違うのかな?
アプリをわざわざ起動して、やるぞーと気合いを入れなくてもいい。応援もいらないw
iPhoneを持って行かなくても、Apple Watchだけでイヤホンから音楽も聴ける。で、退屈ないつもの風景でも飽きない。
時間が取れれば、自然と外にウォーキングに出かけるようになりました。

これからのアプリにも期待しつつ、
まだ今のところ飽きていません。

サードパーティーのバンド

が、しかし派手めなバンドは飽きもきました(汗)
別の物に付け替えてみたい!
まだ数も少ないけど、サードパーティーの革のバンドをネットで物色しポチリました。

はじめはサイズも革の素材の表記もなかったので、質問したのに返事もありませんでした。
3日程したらケースのサイズ別にバンドが出てきました。
仕方がないので人柱的に注文しちゃいました。

届くと、パッケージにはあの文字。
よく調べなかった私もいけないがw

バンドはイメージ通りの物ではなく、がっくしきましたorz
画像では革の質感とか種類とか、何度見ても見た目ではわからなかったのです。
まさか、鮫皮みたいのがくるとは(汗)
作りが雑とかに関しては、我慢するけどいかんせん革が私的に趣味でないので…
金具の部品だけでも後で使えればいいかな〜と。

Apple純正のLeather Loop

お仕事帰りにいつものヨドバシに寄りました。
ここには、Apple製品を扱うコーナーがあります。
お兄さんに今はどんなバンドがあるかを尋ねると、お出ししますので試着して下さいとの事で、試着スペースへと案内されました。

はじめブラックのクラシックバックルにしようと思っていたのですが、
革の質感もとてもいいのですが、着けてみるとバックル部分が浮いたようになるのが少し気になりました。
ま、普通にシンプルでいいんですけどね。
色はほんとはブラウンが希望なのです。
秋まで待てば出るかな〜。

次は人気のミラネーゼループですが、これだと私の持っているアルミニウムケースとは、どうにも不釣合いな感じが否めないのです。。
なので試着はしてません。

次は、私が一番選びたくなかった「レザーループ」のバンドの試着をしてみました。
なんだかブルドーザーの足回りに使われているゴム(シュー?)のイメージが好みじゃなかったんで、はじめから選択肢にはなかったんです。
でもこれは全色ありますとのこと。

食わず嫌いもなんなんで、勧められるまま着けてみました。

腕に着けたとたん
あれー、
なんだこの着け心地は♪

革の質感は思ってたよりしなやかで、
ピタッとしたフイット感が気に入りました。
緩めに留めても、なかなか良いです。
革の厚みも思ってたより薄く、軽やかで女性にも見た目も重さも気になりません。
ごつい感じとは違い、色によってはエレガントささえも感じました。

私は、カジュアルなブライトブルーレザーを選びました。
自分が着けていったApple Watch Sportシルバーアルミニウムケースにバンドを付け替えてくれたので、一層よくわかりました。

後で見たのですけど、Appleの製品情報によると

このバンドで使われるベネチアレザーは、イタリアのアルツィニャーノで手作りされています。製造を担当する革なめし工房は、5世代にわたって技法を受け継いできた老舗で、ファッションの世界で最も権威あるブランドのいくつかとも提携してきました。繊細な空打ちとタンブラー加工で仕上げる、美しい石目調のテクスチャー。そんな伝統的な職人技が、このバンドでは革新的なデザインアプローチと融合されています。柔らかなキルト調のレザーにはマグネットが隠されていて、手首に巻くだけで正確にフィットし、すっきりとした印象になります。ストーン、ライトブラウン、ブライトブルー、ブラックの4色から選べます。

うーん、なるほどな!
純正バンドには、それなりのこだわりとデザインが時計ととてもマッチしているのもうなずけます。
当初とは、全然違うバンドを買いましたが結果的に良かったです(笑)
ただ、レザーだと洗えないのが…

開封

バンドの箱は重たいですね。

取り出すとケースと説明書

ここから剥がします。
親切。

ケースにはリンゴマーク

開封!

スポーツバンドをバンド・リリース・ボタンを押しながら横にスライドさせて外します。
同じMサイズですが、スポーツバンドとは長さが違います。

付け替えてみた

Mサイズは、150-185mmで、私だとビッタリ留めた時には折返しが時計の少し手前まで来ます。

時計とバンドの箇所には、ステンレススチール金具がないタイプなので、違和感はありません。

バックル部分は少し離れた位置にあるので、ステンレススチールでも気になりません。

装着もマグネット式バックルなので、今までより簡単!

あとがき

今日はウォーキングにこのバンドを着けて行きましたが、
すでに30℃あったけど汗はほとんどかきませんでした。
でも、帰って来てからバンドは軽く拭いておきました。
これまでのブルーバンドと違い、
落ち着いた色のバンドなので、汚れもそうそう目立たないのでは。
ただし、主婦に優しくない水に濡らせないレザータイプ。
炊事洗濯等、家事一切には外さないと濡らしそうです。めんどくさw

アイキャッチに使った画像は、こちらで紹介のサイトのものを使いました。

スクリーショットにApple Watchのフレームを合成するブロガー向けWebサービス | 代助のブログ
Apple Watchのレビュー記事を投稿する際、スクリーショットをそのまま掲載するのも少し味気ない。そんなときフレームを合成すると雰囲気のある画像を見せることができます。PicAppというWebサー…

では、では。

Posted from PressSync Pro on iPhone.

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.