5月
24

測定結果をiPhoneに送ることの出来るBluetoothの体重計を購入しました

5月 24, 2015in iPhoneTag:

若い頃から50代中ばまでは、体重はほとんど変わりなく痩せている方でした。
好きなものを自由に一杯食べても太りませんでした。
人から羨まれる体型ですたw

それがなんと体質が変わって?、徐々に体重の増加が始まりました。
痩せる努力などもせずに、もう諦めの境地に達していたのですが、
最近は、好きな服も着れないし、鏡にうつる自分の姿は不恰好この上ない…
今ある体重計からBluetooth対応の物へと奮発することにしました。
いやま、測るだけでも(汗)

どれにしようかな

はじめは、体重計と血圧計を買おうと探して、BluetoothとNFCに両方対応しているオムロンに決めていたのですが、
量販店に行って、売り場の方に色々と説明を受けると、タニタが良いと言う事になり、
あっさりとタニタの体重計だけをを購入して帰ってきました。

体重計とiPhoneをペアリング

計ったデータを手書きで入力しなくても、Bluetooth接続してiPhoneに送る事ができアプリでいつでも見れるので便利です。

オマケに付いていた電池を入れて、
iPhoneとペアリングします。
普通にiPhoneでBluetoothをオンにして体重計を探しても見つかりません。
iPhoneを再起動したり、Bluetoothをオンオフしたりしてもペアリング設定ができません。
困ったなー。

と、ここで初めてタニタのHPからPDFの説明書を落とせる事がわかり、読んでみる事に。

  • 取扱説明書/動画|お客様サポート|タニタ
  • すると、アプリを使って設定する事が分かりました。
    なんだかいつもとはペアリングの仕方が違ったようです。
    クイックセットアップガイドが製品に付属していたのですが、それを読んだだけでは到底私には理解できませんでした。

    タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネット
    カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
    価格:無料 (記事の掲載時)

    アプリを使うのには、ヘルスプラネットの登録が必要になります。

    PDFに書いてある通りにすると、
    今度はペアリングは簡単に完了して、データをiPhoneに送れるようになりました。
    そのほかの個人の設定も済ませます。

    あとがき

    便利な物は、よく読んではじめの設定がかんじんですね!(笑)
    というわけで、これから毎日計りたいと思います。

    とりあえず他にもアプリ入れてみたw

    Runtastic PRO GPS ランニング&ウォーキング運動記録とマラソン完走トレーニングプラン
    カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, スポーツ
    価格:¥600 (記事の掲載時)

    Runtastic Six Pack 腹筋を割る筋トレでお腹痩せ運動
    カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, スポーツ
    価格:無料 (記事の掲載時)

    365日 腹筋アプリ SitApp
    カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ソーシャルネットワーキング
    価格:無料 (記事の掲載時)

    Apple Watchがあるからウォーキングだけはできそうw
    では、では。

    Posted from PressSync Pro on iPhone.

    【こちらの関連記事もご覧ください】


    記事をお読み頂き、ありがとうございます!

    記事の内容を気に入って頂けましたか?
    もし気に入って頂けましたら、
    ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


    follow us in feedly RSS

    Leave a Reply

    • (will not be published)

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.