5月
17

[Apple Watch]ウォーキング時に音楽を聴きたくて、Bluetooth対応のイヤホンを買いました

今まで、試したイヤホンはどれも耳からぽろっと落ちてしまい、使い物になりませんでした。
2万円近くしたイヤホンでも(泣)
私の耳は小さくて形も悪い?のか、イヤホンチップ?も色々買っては試してみましたが、どれも合いません。
で、もうイヤホンから聴く事を何年も諦めていたのですが…

Apple Watchを購入したのをきっかけに、ウォーキングしている時に音楽を聴きたくなりました。
iPhoneを持って行かなくても、ワークアウト時に聴けるんですよね⁈

そこで、はじめから高いのは怖いので、試すだけに終わるかもしれないので、Amazonで1番人気の価格が安いBluetooth対応のイヤホンをポチりました。
この際、音質とかどうでもよか〜(笑)

Soundpeats ワイヤレス スポーツ ヘッドセット QY7

カラーによって値段が違うようです。
私はApple Watchのバンドに合わせたブルーをチョイスしました。

箱から出すと、中にはケースと説明書

ケースの中には、付属品がこんなに一杯入っていました。
自分に合いそうな1番小さい物に付け替えました。

USBケーブルで充電します。

電源ボタンや音量ボタンは、右側にあります。
マイクも使えます。
左側にある充電口のゴムカバーがなんか取れそうで頼りなさげでした。

プレイリストの作成

Apple Watchで聴くためには、設定が必要です。
iPhoneからでも出来るようですが、
しばらくiTunesのバックアップを取っていなかったので、iTunesでプレイリストを作成しました。

Apple Watchのミュージックの容量は、デフォルトでは1GBなので、2GBに増やしました。

同期するには、Apple Watchを充電状態にすると、同期が始まります。
Apple Watchアプリでミュージックを見ると、追加されました。

  • Apple Watch で音楽を聴く – Apple サポート
  • ペアリング設定

    プレイリストが作成できたら、
    Apple Watchとペアリングします。

    Apple Watchのミュージックアプリを起動して、画面上で長押しします。

    プレイリストをタップします。

    ソースをタップします。

    Apple Watchをタップします。

    設定をタップします。

    デバイスを検出しています。

    うーん、ここでなんでかイヤホンが検出されないのです。
    何度も試してみてもだめ。
    Apple Watchを再起動してもだめ。

    面倒くさいけど、iPhoneとのペアリングを解除して、改めてペアリングしました。
    その際には自動でバックアップが行われます。
    バックアップから復元して、同期するのに時間がかかりました。
    全てがバックアップされているわけではなく、プレイリストの同期は一からする羽目に。

    それでもペアリングは、できません。

    小さい字の説明書を読むと、
    電源オンは、ボタンを2秒、
    ペアリングする時は、電源ボタンを5秒間押すとありました…orz
    2台以上の場合も、やり方が書いてありました(ボケてるw)
    始めからやり直したら、
    今度はすんなりペアリングができましたw

    Apple Watchからプレイリストの音楽を聴く

    プレイリストから
    さっき用意した、Apple Watch用をタップします。

    Apple Watch用プレイリスト

    再生します。

    もちろん、iPhoneを選べばiPhoneでも再生できます。

    あとがき

    音に関しては、始めから期待はしていなかったのですが、個人差もあるけど思っていたよりそこそこ聴けます。
    迫力がないといえば値段なりなので、不満もありません。
    イヤーフックがあるので、小さな耳の私にでも、慣れれば上手くいけば外れないかも。
    今度、ウォーキングの時に試してみます。

    では、では。

    Posted from PressSync Pro on iPhone.

    【こちらの関連記事もご覧ください】


    記事をお読み頂き、ありがとうございます!

    記事の内容を気に入って頂けましたか?
    もし気に入って頂けましたら、
    ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


    follow us in feedly RSS

    Leave a Reply

    • (will not be published)

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.