7月
5

[iPhone]マルボロさん作成の「FlickrShareCodeHtml」スクリプトを変更してみたよ♪

MyScripts

いつもブログに載せる写真は、Flickrにアップロードして使っています!

昨日は、TextwellのFlickrの画像を取得するアクションが更新された事ををちらっとご紹介しましたが。

  • [iPhone]ツイートの埋め込みHTMLを取得できるTextwellアクション「Tweet Embedder」が超べんり!
  • なんだかFlickrの仕様が変更になったとかで、今まで気に入って使っていたスクリプトが使えなくなっていました(。・ω・。)

    MyScriptsアプリの「FlickrShareCodeHtml」とは

    @hondamarlboroさんの作られた、スクリプトです!
    使い方は、以前のエントリーをご覧下さいませ。(PictShareはPicportアプリに新しくなりました)

    【PictShare】でスクリプトFlickrShareCodeHtmlが使えるようになった!
    HOME > iPhoneApp > 【PictShare】でスクリプトFlickrShareCodeHtmlが使えるようになった!iPhoneでブログを書く時には、Flickrの画像を取得して使って…

    ブログに貼るまでの大体の流れ

    1.MyScriptsで「FlickrShareCodeHtml」を導入
    2.「MyShortcuts」のリマインダーに登録
    3.PicportでFlickrにアップロード
    4.Picportから「FlickrShareCodeHtml」を起動して、「MyScripts」で画像をプレビュー
    5.「MyScripts」から取得した画像を「Textwell」に送る。

    使用するアプリ

    無料もありますが、既に有料を持っている方は上書きされる?ので入れないでください。

    MyScripts LE
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    価格: 無料(2014.7.5掲載時)


    MyScripts
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    価格: ¥400(2014.7.5掲載時)

    MyShortcuts+Viewer
    カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
    価格: ¥100(2014.7.5掲載時)

    Picport
    カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
    価格: ¥300(2014.7.5掲載時)

    Textwell
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    価格: ¥300(2014.7.5掲載時)

    変更箇所

    変更は、「http」を→「https」にするだけです。

    変更箇所は、全部で5箇所でした。

    変更

    ここも変更

    変更2

    MyShortcutsのリマインダーに登録

    編集にして。

    変更後のスクリプト

    スクリプトを実行をタップします。
    ジェネレーターで送ります。

    スクリプト実行

    一旦保存します。
    リマインダーに登録できました。
    編集画面にして、URLの箇所をコピーします。

    MyShortcuts

    Picportで送信後の処理にペーストで追加します。
    プラスアイコンをタップします。

    送信後の処理

    Picportでアップロードした後の処理で、セットURLで先ほど追加した「FlickrShareCodeHtml3」をタップします。
    MyScriptsが起動するので、サイズがよければそのままOK。
    画像のプレビューが表示されます。
    後は、エディタに送ります。
    私の場合は、スクリプトでTextwellを指定しています。

    FlickrShareCodeHtml

    使えて良かったです!

    MyScripts用スクリプト『FlickrShareCodeHtml』の登録

    マルボロさんのサイトから導入して下さいませ。

    Flickr画像をプレビューしながらHTMLタグを出力するFlickrShareCodeHtmlの仕様を変更 | 代助のブログ
    操作を簡素化するため仕様を見直しました。指定するのは画像幅だけになりました。主な変更点は以下のとおりです。例えば、PictShareに追加されたURLスキームの実行メニューにこのスクリプトを登録すると…

    var unameとvar apiはご自分のものへ差し替えしてください。
    エディタの送り先もvar editorで選べます。私用にTextwellを追加して使っています。

    「FlickrShareCodeHtml3」

    では、では。。

    Posted from PressSync Pro on iPhone.

    【こちらの関連記事もご覧ください】


    記事をお読み頂き、ありがとうございます!

    記事の内容を気に入って頂けましたか?
    もし気に入って頂けましたら、
    ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


    follow us in feedly RSS

    Leave a Reply

    • (will not be published)

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.