12月
17

新しくiPad版がリリース!「Sylfeed for iPad」にSendTo機能をインポートする方法

12月 17, 2013in iPadAppTag: , ,

Syfeed for iPad

待ちに待ったiPad版のSylfeed for iPadがリリースされたので、
早速、ポチりました♪
リリースおめでとうございます(^o^)

Sylfeedバージョン3.2 & Sylfeed for iPadリリース | GACHANET
Sylfeedバージョン3.2 & Sylfeed for iPadをリリースしました。Sylfeedバージョン3.2をリリースしました。また、それにあわせてSylfeed for iPadを新しくリ…

今回は、
Feedlyにも対応しています。

Feedly

諸々を設定した後に、iPhoneで便利に使っていた「SendTo」機能をiPadにもインポートしました。

iPhoneの「SendTo」機能をエクスポート

SendTo

エクスポートは、設定のSendToからできます。

SendToから

プロファイルをエクスポートします。

エクスポート

メールで自分宛に送ります。

メール

iPadにインポート

メールをひらいて、各種「SendTo」をタップするだけで、
インポートできます。

インポート

必要なものをタップしてインポートしました。

追加

SylfeedからURLを取得してTextwellへ

ブログなどで、記事をシェアしたい時に使っています。

例えば、これはタイトルとURLを取得してSylfeedに戻ります。
でも、iPadでは使えませんでした。iPad用のURLスキームはなんだろう?

javascript:(function(){link=’${link}’;title=’${title}’;pre=’\n’;location.href=’textwell:///insert?text=’+encodeURIComponent(pre)+encodeURIComponent(title)+encodeURIComponent(pre)+encodeURIComponent(link)+encodeURIComponent(pre)+’&x-success=net.gacha.Sylfeed:’;})();

  • [追記あり]連続ペーストにも対応!SylfeedのSend機能を使うと、ブログ紹介リンクをTextwellにペーストするのが爆速になった!続編 | happyChappyBlog
  • なので、URLだけをTextwellに送る事にしました。
    シェアしたい記事をSendToでTextwellへ送ります。

    SendToを使う

    リンク取得

    TextwellにURLが貼れました。

    リンク

    Textwellのアクションで、リンクプレートを作成します。
    できたのが、上記の「Sylfeed」開発者さんものです。
    便利ですね(^^)v

    アクションをタップ

    アクション

    リンク作成します。

    リンク作成

    コードが貼れた!

    リンクのコード

    アクションはこちらのサイトから導入できます。

  • TextwellでWebリンクを作成するアクション BlogQuote(マルチ・エンディング版) – W&R : Jazzと読書の日々
  • 使ったアプリ

    Sylfeed for iPad
    カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
    価格: ¥300(2013.12.17掲載時)

    Sylfeed
    カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
    価格: 無料(2013.12.17掲載時)

    Textwell
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    価格: ¥300(2013.12.17掲載時)

    Feedly News Reader. Blogs, RSS and Youtube.
    カテゴリ: ニュース, エンターテインメント
    価格: 無料(2013.12.17掲載時)

    では、では。。

    via PressSync

    【こちらの関連記事もご覧ください】


    記事をお読み頂き、ありがとうございます!

    記事の内容を気に入って頂けましたか?
    もし気に入って頂けましたら、
    ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


    follow us in feedly RSS

    Leave a Reply

    • (will not be published)

    XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    This blog is kept spam free by WP-SpamFree.