10月
23

Mac専用エディタ[MarsEdit]に「AppHtmlME 3.0 PHG」の設定ができたよ\(^o^)/

10月 23, 2013in MacTag:

nice morning, eh?
nice morning, eh? Photo by Steve took it

いやはや、これの設定に2日半かかりました(T_T)
夜も寝ず昼ねしてw
自分の頭の中のからっぽさ加減に、ほとほと嫌気がさしました。

以前から、@toshiya240さんのAppHtmlMEは入れて、使っていたんですよ。
あーそれなのにそれなのに、デス!

今回リニューアルされたAppHtmlですが、MEもそれに統合という形になりました。
なので、設定をし直さなくてはいけませんでした。
多分これができれば、使い勝手も格段に良くなるはずです( ´艸`)
Macでブログを書くなら、断然「MarsEdit」ですもん♪
以前のMEの時も、「Aoutmator」を使った操作が難しくて、としやさんには大変お世話になりました。

始めは自分でなんとかなると思っていたのですが、カスタマイズ方法が変わっていて?
堂々巡りで、ついには導入を諦めようかと思いましたが、
@hondamarlboroさんに泣きつきました(∋_∈)

そこで、自分の備忘録として残しておこうと思いました。
また、ご覧頂いている方の、ちょこっとでも参考になれば嬉しいです♪

AppHtmlME 3.0 PHG 対応

こちらに、インストール方法や詳細な説明があります。
Happy-Go-Lucky: AppHtmlME 3.0 PHG 対応その他

私が躓いた箇所は、しょっぱなからのインストールでした。
インストールにAppHtmlME.workflow をダブルクリックとあります。
これが、どうにも私の環境では上手くいきませんでした。
原因はわかりません。

ダブルクリックすると、これが消えてなくなる。
それでもいいの?
あとでカスタマイズに使うんですよ(´・_・`)

AppHtmlME master

そして、この置き換えますか。
悩みますw

サービス インストーラ 5 1

ツイートが参考になります。

@hondamarlboroさんが、ツイートされていました。
普通の人なら、これで分かると思います。
私は普通じゃない人(笑)
じゃー、ツイートいきます。

ここで、私のAppHtml.workflowが消えてなくなる現象が。
何回も削除しては、一からやり直しました。

この時はコピーしたものを残しておいたのですが、
私はまたしても貼る箇所がわからないというあほまるだし。:゚(;´∩`;)゚:。

私のインストール手順です

インストールで躓いたので、教えて頂き私が実行した手順です。
インストールできちゃった方は、見なくてもいいですね〜(*^o^*)

1番始めにあるツイートGitHubからファイルをダウンロードしました。
後からそれがどこにあるか分からなくなるといけないので、Zipをディスクトップに置きました。
そこでダブルクリックで、解凍しました。

Desktop 3

解凍してできたフォルダを自分の名前の所に移動させました。
~/ユーザ/ユーザ名

~ ユーザ ユーザ名

次にAppHtmlME-masterというファイルをダブルクリックします。
開くとAppHtml.workflowが入っています。

AppHtmlME master

AppHtml.workflowをライブラリの中のServicesフォルダにコピーか移動すれば、それで終了です。
え、これだけ。

MarsEditから起動できるか確認

システム環境設定で予めショートカットを設定してあります。
AppHtmlMEを呼び出してみます。

キーボードショートカット

ちゃんと動きましたε-(´▽`) ホッ

トークンの設定とカスタマイズ

FinderでServicesに入れたAppHtmlME.workflowを右クリックします。
メニューから「パッケージの内容を表示」を選択クリックします。

パッケージの内容を表示

フォルダが2つ出てきます。

AppHtmlME workflow Scriptsフォルダ

Scroptsの中にある、apphtml_settings.py というファイルをコピーして、
ユーザーの下の自分のフォルダの下に貼り付けます。

Apphtml settings py 1

自分の名前の箇所にペーストします。

Settingsファイル

これをエディタで開いて、アフィリエイトトークンの設定をします。
これが確認できたら、後は好きなようにカスタマイズします。
四角で囲んだ箇所が、私が追加したものです。

Apphtml settings py

使ってみます

AppHtmlMEをショートカットで呼び出します。
ここではiPhoneappを選択

MarsEditapp

検索キーワードの入力画面

MarsEdit 2 1

Textwellを検索してみます

MarsEdit 3 1

対象のアプリを選択します

MarsEdit 4

できたのがこれです。

Preview

ご親切に教えて頂いたマルボロさんには、大変感謝しております。
ありがとうございました!!!

でもちょっと課題があります。
私はWordPressに「@」を付けるとTwitterに飛ぶような仕組みにしてあります。
なので、LinkMarkerを使うと、ブログ上にコードが出てしまいます。
対応策として教えて頂いた、あっとの後にスペースを入れるを試してみたのですが、直らないようです。
もしかして、やり方間違っているのかな〜(´・_・`)
という訳で、見本を貼っておきます(笑)
ではでは。。

追記: 2013/10/26 16:06

この件に付きましては、WordPressプラグイン「Tweet」を停止することにより、正しく表示され貼れるようになりました。


MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
価格: ¥4,000 (記事の掲載時)


TextWrangler
カテゴリ: 開発ツール, 仕事効率化
価格: 無料 (記事の掲載時)

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.