8月
6

[WordPress]「Yoko」の子テーマを作りました。

WordPress Stickers Everywhere
WordPress Stickers Everywhere Photo by teamstickergiant

私は、WordPressでブログを書いていますが、
以前はTwenty Elevenテーマの子テーマを作り、
CSSなどをちょこちょこ、素人ながらも弄っていました。

しかし、時流によりレスポンシブテーマを探していて、「Yoko」に変えました。
変えたのはいいのですが、その時には子テーマを作らなかったので、
ちょっとした変更でも、なんと大胆にも直接さわって編集をしていました。( ( (;゚ー゚) ) ) コワー

今回のWordPressのバージョンアップもあることだし、
また一から直さないといけない部分も出てくるかもしれません。

ということで、急遽、子テーマを作りました(^_^;

以前に書いた記事です。
はじめての方は、こちらが詳しいです。
この時ははじめてだったので、なんだか難しいなと思いました。

WordPressの「子テーマ」で、ちょっとしたカスタマイズしてみた♪ | iPhoneとマヨテキメモ

WordPressのバージョンアップにともなって(去年のことですが) 「子テーマ」を活用して、いろいろカスタマイズが便利になったようでした。 そんなこととはつゆ知らず、今頃恥ずかしいwww …

カスタマイズの際には、子テーマをつくっておくことが重要です!

バージョンアップの際に、上書きされるかもー。
今まで苦労してカスタマイズした内容が、水の泡です(笑)
そのような事にならないためにも、子テーマは重要です!!!
分かっていながら、今の今まで作ってなかったです。。:゚(;´∩`;)゚:。

やってみたら以外にも簡単だった

ま、2回目ということもあって、
はじめたらすぐにできました。
やり方は、いろいろあるかと思いますが、今回はこのようにしました。

  • フォルダーを適当な「child」として作りました。このフォルダーを後でthemesにアップロードします。
  • そのフォルダーの中に、「style.css」ファイルを作りました。
  • FTPソフトをつかって、使っているテーマをダウンロードしました。
  • その中の「style.css」をコピーして、エディタで編集します。
    「Yoko」に必要な中身はたったこれだけです。後は要らないので削除しました。
  • style.css-1
    style.css-1 Photo by mayo1950

  • 編集した「child」フォルダをFTPソフトを使ってテーマフォルダにアップロードします。
  • テーマを見ると、今アップロードした「child」テーマがあります。
    これを有効化すれば、ばっちりでした。

私はもうすでに、ちょこっと弄っていたので、
ダウンロードした時点ですでにカスタマイズされたCSSです。
有効化したら、予想外にも元々のではなくカスタマイズしたものが、反映されました?
とりあえずは、「style.css」だけ子テーマに入れておきました。

このヘッダーの画像が入ってました。

style.css-2
style.css-2 Photo by mayo1950

要らないので、削除しました。

style.css-3
style.css-3 Photo by mayo1950

子テーマを入れる以前と何ら変わりはなく、元通りになりました\(^o^)/

style.css-4
style.css-4 Photo by mayo1950

あとがき

思い立ったが吉日です( ^ω^ )ニコニコ
今日は、Amazonのこれも入れてみました。
では、では。。

Amazon
Amazon Photo by mayo1950

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.