6月
14

[iPhone]Twitterのツイートをサイトに埋め込む3つの方法

Twitter

今朝は、フィープレさんのブログにて、
このようなお知らせと対策についてのエントリが上がっていました。
API1.1になった影響がここにも出ていたんですね。

Tweet2HTML公開終了とその後の対策について。【動画あり】 | Feelingplace
スポンサーリンク 2012年の1月に公開させていただいたPhoからでもツイッターのツイートをブログに貼り付けられるようにするブックマークレット、Twt2HTML。このTwt2HTMLですが正常動作しな…

Chromeを使った方法

早速、フィープレさんが教えてくれたようにやってみました。

公式Twitterでは、サイトの埋め込みコードが以前から取得できます。
ただ、iPhoneだと普通はスマートフォン用しか表示されないので、
埋め込みコードが取得できません…
と、言うことでこの方法が役に立つというものです。

まずツイートのリンクをコピーします。

Chromeには、予めログインしています。
Twitterのログインもです。
この状態で、アドレスバーにペーストします。
ここで、素早くPCサイトをリクエストタップします。

Twitter-12

すると、このようにPCサイトのTwitterで見ることができます。

右端にあるその他の「・・・」をタップします。

ツイートをサイトに埋め込むタップします。

Twitter-11

あとは、全選択して、
コードをコピーします。

Twitter-5

エディタに貼ります。
これで、サイトにツイートを貼る事ができます!
取得したものが、これです。
慣れれば、簡単にできますね!

アプリWebブラウザ「Obsidian」を使った方法

このWebブラウザアプリを使った方法です。

Webブラウザ Obsidian Lite 9.79
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: 無料 (Masaru Sakai)

Webブラウザ Obsidian 9.79
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: ¥85 (Masaru Sakai)

アプリを起動すると、下の真ん中にあたりに
「⌘」マークがあります。
これをタップすると、設定ができます。

Twitter-1

設定は、1番下にあります。

Twitter-2

ここの、ユーザーエージェントから
Safari-Macを選びます。
これで、準備はOKです!

Twitter-3

取得したURLをペーストしてもいいのですが、
Twitterでお気に入りにしていたツイートを、取得してみます。
左のお気に入りから、タップして選びます。

Twitter-4

ここでも、先ほどのChromeと同じ挙動です。
右端にある「・・・」をタップします。

Twitter-7

埋め込みコードが出ます。
全選択して、コピーします。

Twitter-6

エディタに貼ってプレビューでみてみました。
ここでは、まだ表示はされません。

Twitter-8

取得したものが、こちらです。

このアプリ他にもいろいろと設定できます。こちらのスクショは有料版になります。

Twitter-9

Twitter-10

MyScriptsの「Tweet oEbed Helper2」スクリプトを使った方法

まだ、こちらのツイートを埋め込むスクリプトは動いているようです。
いつまで動くかは、分かりませんが…
作られた作者さまが、このようにツイートされていました。

アプリとスクリプトの導入が必要です。

MyScripts 2.5
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: ¥350 (Takeyoshi Nakayama)

MyScripts LE 2.5
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: 無料 (Takeyoshi Nakayama)

ツイートへのリンクをコピーします。

Twitter-14

スクリプトをタップします。

Twitter-15

すると、このようにコードが現れます。
これを全選択して、コピーします。
エディタなどに貼ります。

Twitter-16

サイトで、ツイートが表示されます。

ではでは。。

via PressSync

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.