5月
2

[Mac]外付けHDDにバックアップができないので、再フォーマットしました!

5月 2, 2013in MacTag: ,


photo credit: The hills are alive (back for a bit….) via photopin cc

普段使っているiMacのTime Machineの保存先として、IODATAの外付けHDDを使っていました。この時点で2台目ですが。

このディスクを、バックアップ先に選んだのに、エラーメッセージが出て、ちっとも役に立っていませんでした。

外付けHDDを繋いだ時の記事です。

エラーメッセージ

iMacのOS X10.8.3を使用。外付けHDDはIODATA

始めの頃は、調子よく動いてくれてました。
それが、今年の始めぐらいからエラーが出るようになっていて、ついにMacからお叱りのメッセージが頻繁に起こっていました。
終いには、諦めてケーブルを外していました(笑)

そういうことには、自慢じゃないけど疎いので、
そのまま今日まで放置しておりました^^;
Macに繋ぐと、このようなメッセージが出るようになったのです。

IODATA-6

環境設定のTime Machineの画面には、赤字で「!」このように表示されています。

IODATA-8

エラーメッセージをそのままコピーして検索すると、
まったく同じトラブルが出ていました。
これだ‼

IODATA-12

Time Machine:バックアップ問題のトラブルシューティング

でも、原因はなんだったか皆目検討もつきません。。

ディスクを修復

せっかく買った2TBのHDDがもったいないし、
これで直ればしめたもんですw

まずは、アプリケーションから、ユーティリティ、次にディスクユーティリティへと進みます。

IODATA-14

これをクリックすると、繋いでいるHDDが左サイドにあるのがわかります。

間違えないように、目的のダメなHDDを選択します。

IODATA-3

取り敢えず、かすかな望み。
ディスクを修復をクリックしてみます。
直るかな?なんか、ダメっぽい。

IODATA-4

Time Machineを、起動してみます。

IODATA-13

入りにします。
(この時点でも赤字の「!」が出ていました。画像が違ってたw)

IODATA-10

あー、やっぱりダメだ○| ̄|_

IODATA-2

ダメダメ!

IODATA-1

再フォーマットします。

仕方ないので、今度こそ思い切って再フォーマットします。

消去タブをクリックします。
フォーマットを選び(ここではMac OS 拡張を選びました)
セキュリティオプションもありますが、スルーしました。

IODATA-5

下の消去をクリックすると、
このような確認メッセージが出ます。

IODATA-7

ここで、一呼吸おいて消去をクリックしました^^;

他の方法でデータを残すことも出来るとは思いますが、
私は、全てなくなる方法をとりました。
この際だからいいんです\(ᴗ̥̥ .̼ ᴗ̥ ू᷅ )/
ここで、置き換えるを選びました。

IODATA-9

Time Machineのバックアップ

改めてTime Machineを起動して、
再フォーマットした外付けHDDを選択して、
切りから、入りへスライドします。
すぐにバックアップを始めます。
おおー‼
やっと動くようになりました\(^o^)/

306.12GB 5時間とか6時間 (꒪⌓꒪)
バックグラウンドで働いてくれるので、
間に他のこともできるようですが、
無事に終わるまでは心配です。
その間、スクショをFlickrにアップしたり、DraftPadでブログの下書きをばしておりました(笑)

IODATA-11

始めからのバックアップになったので、正味4時間以上掛かりましたです。
これで、後は順調にバックアップ出来るといいな…

Time Machine

Posted from するぷろ for iPhone.

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.