12月
20

iPadのブログエディタ『Drift Writer』に『DraftPad』からテキストをわたす

IMG_5378

最近、ハマっているiPadのブログエディタ『Drift Writer』に『DraftPad』からテキストをわたすアシストがあると便利だなと思っていました(´・ω・`)

私は、なにもよく分からないけど、DraftPadのアシストはサイコー!なんです!

で、iPad miniになってから、ハマったDrift Writerですが、
このDraftPadのアシストで、できたテキストを使いたくて、
アシストの編集画面をじーっと見ていると、渡すだけならURLスキームが分かればなんとかなりそうだなと♪

URLスキームは、dpad:

AppSearch アシスト

今回、使いたかったアプリ紹介のアシストは、こちらのサイトさまで。
いつもありがとうございます!

MacでもiPadでも、iPhoneでも、ちょっとアレンジを加えれば、できます。
自分のリンクシェアも使えます!

AppStoreを検索しリンクタグを作るDraftPadアシスト AppSearch

2012-12-20 – W&R : Jazzと読書の日々

アシストの導入と使い方は、サイトをご覧になっていただくとして、

アシストの使い方

まず、検索したいキーワードを入れて、
アシストを起動するだけ。

IMG_0439

渡すアシストは、こちらから

アシストを起動します。(検索したキーワードは削除)

Drift writerにペーストして、貼れました。オプションは各自で。
もっといい方法もあるかもしれませんね。

IMG_0440

プレビューで見ると、この通り*\(^o^)/*

IMG_0441

アシストの追記:2012/12/21

私が先日ブログで紹介したへぼアシストより、ずーっと効率の良いアシストを
@hondamarlboroさんより、教えて頂きました(^_^)

「AppSearch」を根底にアレンジを加えたアシストです!
「アプリ名キーワード」で探したアプリのリンクをタップするだけで、
なんと、「Drift Writer」へ流し込むという優れものです。

まさに私の希望通りのアシスト!本当に感謝です!!!

こんなに素敵なアシストですから、皆様にもご紹介したい!っと(^_^)

こちらのツイートのリンクから、アシストは導入できます。(iPad及びiPad miniより導入)
自分のテーマに沿ったCSSが必要になるかもですが。。

ここで、画像に示してあるように、

リンクシェアのIDは一番最後の箇所を、ご自分のIDに書き換えてください。

IMG_5386

アプリアイコンのサイズが大きくてバランスが悪い場合は、中程にある
width=100の数字を変えてください。

IMG_5387

私のブログで表示されたアイコンです。

IMG_5388

iPad、Macアプリの検索には、
Softwareの前に、それぞれiPad,Macを付けてください。

すっかりお得意の動画で撮ってみますた(笑)

3種類のサイズのアシストを試したものです。

DraftPad 1.6.2
分類:仕事効率化,ユーティリティ
価格:無料 (Manabu Ueno)

Drift Writer HTML Editor 2.0.2
分類:仕事効率化,ソーシャルネットワーキング
価格:¥600 (drikin.com)

Posted from Drift Writer on my iPad

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

2件のコメント to “iPadのブログエディタ『Drift Writer』に『DraftPad』からテキストをわたす”

  1. macdays

    drift writer、良いアプリですね。
    このアプリはiPad内の画像を挿入することはできるのでしようか?
    それともflickrなどのネット上の画像しか使えないのでしようか?
    それがわからず購入をためらっています。

    返信
    • mayo1950

      ご覧頂きありがとうございます!
      今のところは、iPad内の画像を挿入できる機能はないようです。
      アップロードしたものを、Htmlで表示することはできると思いますが。。
      今後のバージョンアップに期待しています!

      返信

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.