12月
12

【iPhone】DraftPadアシスト「CreateRerationEntry」を導入した。

Let's play
Let’s play Photo by Marko_K

先日記事が公開されてから、導入したいなって思っていました。
で、今日になってやっと実行にうつすことにしました。

DraftPadアシスト関連記事作成「CreateRerationEntry」の導入

ブログの関連記事をDraftPadのアシストを使って、簡単に表示できるというすごいアシストです!

アシストの導入は、こちらのサイトで。

[Draftpad]関連記事作成アシストであるCreateRerationEntryを公開します! | stryhの日記 ~stryh/changelog

やってみたものの、最初からつまずく。:゚(;´∩`;)゚:。

私の場合、やはり頭にパイプライン「|」がいるのです。
その前後は、半角のスペースを入れました。

私が不明だった点も、解決したのでいざ実行にうつすなり。

自分のブログのURLを入れて、次に除去文字列を入れる。

アシストリンク作成をタップ

IMG_5222

おー、できた!
これをひとまず保存します。

IMG_5223

記事をMyEditorとMyScriptsを使って、コピーする

試しに記事のURLをコピーしました。

IMG_5229

そして、MyEditorを起動して、履歴を見ると何もなく、先にMyScriptsでスクリプトを指定してくださいと、おこられたw

MyScriptsでこれでいいか分からないけど、やってみる♪

IMG_5209

追記:2012/12/12 13:50

開発者の@unitkayさんから教えて頂きました。

すると、コピーされたURLが出ました。
チェックを入れて、MyEditorにInsertしてみました。

IMG_5210

カーソル位置に3つ入れますか、と出ました。

IMG_5211

MyEditorが立ち上がって、ペーストされました。

IMG_5212

この後は、履歴を見るとこちらにも出ています。いまいち使い方わかってないね(;´Д`)

IMG_5224

DraftPadへ渡します

左上の四角に矢印から、アプリで開くを。

IMG_5213

エンコーディングを指定して。

IMG_5214

DraftPadを選びます。

IMG_5215

DraftPadで「CreateRerationEntry」を動かします

先ほどのコードがペーストされています。

*注:この状態では、分からなかった事が後で判明w

IMG_5216

CreateRerationEntryアシストをタップします。

IMG_5217

プレビューしてみると、Σ(゚Д゚ υ) アリャ失敗!

IMG_5218

なんで、こうなったかというと、いろいろ試して分かったのですが、
コピーした時に3つの記事が全部繋がっていたからなんです。
1記事ごとに改行してないとだめなんですね。

IMG_5212

改行してアシストを起動したら、できてる♪

IMG_5219

プレビューで見ると、今度はちゃんとできた\(^o^)/ヤッター!

IMG_5221

因にここでは、次々といくつもコーピーするのが便利なので、MyEditorとMyScriptsを使いましたが、
DraftPadにコピペしてもできます。

これからは、記事に生かしたいと思います。
@saita_ryouheiさんありがとうございます!!!

使用したアプリ

価格には変動がありますので、ご購入の際にはお確かめ下さいませ。

MyEditor App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥350

MyScripts LE 2.5
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: 無料 (Takeyoshi Nakayama)

MyScripts 2.5
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: ¥350 (Takeyoshi Nakayama)

DraftPad 1.6.2
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: 無料 (Manabu Ueno)

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.