7月
3

MyScriptsのBrowserSelector2がすごいです!この際だから動画でお見せしちゃいます。

7月 3, 2012in iPhoneApp, MyScriptsTag: ,

「BrowserSelector2」って

いつも楽しみに拝見している「代助のブログ」ですが、今日も興味深い記事を目にしました。

Htmlとかましてやプログラムとかには、ぜんぜん程遠い低レベルマヨです。

でも、こういうの見ると俄然やってみたいって、すぐ思っちゃうわけです。

@hondamarlboroさんが作られたものを、ご好意によりただ勝手に使わせて頂くだけですが^^;

本当にいつもありがとうございます!

ご自身が仰っているように、目的に合わせて見たいブラウザを選べるというものです。

BrowserSelector2 – やっぱりSafariじゃないブラウザで開きたい | 代助のブログ


必要となるアプリ

ここからは、私の備忘録的なものですので、高度な方は?読み飛ばして頂いても結構です。(笑)

「MyScripts」は、Javascriptを作成、実行することによって、テキストを処理するためのアプリです。Open Inを使って渡されたテキストや、クリップボード内のテキスト、MyScriptsの連携URLで渡されたテキストをスクリプトから取得して加工することができます。加工後のテキストはOpen Inを使って他のアプリに渡したり、クリップボードにコピーしたり、URLとして開いたり、デバッグ画面に表示したりできます。

とあります。なにやらこれを書こうと思ったら、わたしでは難しいわけです。


MyScripts 1.7(¥350)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Unit Kay – Takeyoshi Nakayama(サイズ: 2 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応


あとは、見たいブラウザを便宜用意します。

Chrome 19.0.1084.60(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: Google, Inc. – Google, Inc.(サイズ: 13.4 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応


Puffin Web Browser 2.2.5(¥250)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: CloudMosa, Inc. – CloudMosa, Inc.(サイズ: 8.8 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応


iCab Mobile (Web Browser) 5.9.2(¥170)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Alexander Clauss – Alexander Clauss(サイズ: 5.4 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応


Sleipnir Mobile – Web Browser 1.9.2(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Fenrir Inc. – Fenrir Inc.(サイズ: 8.3 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応


Mercury Web Browser – The most advanced browser for iPad and iPhone 6.0.1(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: iLegendSoft – iLegendSoft Inc(サイズ: 43.1 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応


Sylfeed 2.2.5(¥250)App
カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
販売元: GACHANET – GACHANET(サイズ: 3.5 MB)


通知センターから、スクリプトを呼び出すための、

Iconizer – Home Screen Shortcut Icon Creator 2.2.0(¥85)App
カテゴリ: ライフスタイル, ユーティリティ
販売元: Transhacker – Sangwon Park(サイズ: 6.2 MB)
+ iPhone/iPadの両方に対応


アプリ以外に、画像アイコンを母艦からiPhoneに保存するのに、

Macでは、iExplorerのダウンロードが必要となります。

iExplorer – Formerly iPhone Explorer, is an iPhone browser for Mac and PC


BrowserSelector2の導入の手順

まずは、記事の後の方にコードが書かれているので、すべてコーピーします。

BrowserSelector2 – やっぱりSafariじゃないブラウザで開きたい | 代助のブログ


コピーしたものを、MyScriptsアプリに保存します。

この状態のまま実行したのがこれです。画像は当然のことながら「?」です。

IMG_2101

んで、ここからは自力では分からなかったので、聞いてみました。

MyScripts.appの下のDocumentsフォルダにimgというフォルダを作ってイメージファイルを同じファイル名で入れると表示されるはずです。


と、教えて頂いたのでやってみました。

アイコンをApp Storeで@hiro45jpさんのApptmlで取得して、

アイコン画像をそれぞれコピーして保存しておきました。

AppStoreで、そのままではコピーはできませんでした。下の画像

スクリーンショット 2012-07-02 21.39.51


AppHtmlで取得したものだとドラッグでも保存できます。

App Store - Chrome


アイコンを保存しました。

アイコンフォルダー


iPhoneをMacにつないで、iExplorerを起動します。

MyScriptsを開き、Documentsの下に新しいフォルダーimgを作ります。

iExplorer


作ったimgフォルダーに、画像をペーストします。

iExplorer


これで、アイコン画像が、表示されるようになりました。ε-(´∀`*)ホッ

私にアレンジなんぞ、とんでもハップン(・´з`・)これだけでも大満足!

IMG_2102



「Iconizer」の設定します。

通知センターから、呼び出せるようにIconizer」を使って設定します。

この方法については、昨日の記事に書いています。

DliciousHtmlwebをDraftPadとIconizerに設定してみた。 | iPhoneとマヨテキメモ


IMG_2103


IMG_2104


BrowserSelector2を使った動画

初めてスクショの動画を撮ってみましたので、お見苦しい点はごかんべんのほど(∀`*ゞ)エヘヘ


追記:画像アイコンを保存する

こちらのサイト様で、別の方法がありました。

iPhoneアプリのアイコン画像を保存する方法:おっとり刀で付け焼刃

【こちらの関連記事もご覧ください】


記事をお読み頂き、ありがとうございます!

記事の内容を気に入って頂けましたか?
もし気に入って頂けましたら、
ソーシャルボタンで共有頂ければ、とても嬉しいです♪


follow us in feedly RSS

Leave a Reply

  • (will not be published)

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.